Tour of Scala

トレイト

Language

トレイトはクラス間でインターフェースとフィールドを共有するために使います。それらはJava 8のインターフェースと似ています。 クラスとオブジェクトはトレイトを継承することができますが、トレイトはインスタンス化ができません、したがってパラメータを持ちません。

トレイトを定義する

最小のトレイトはキーワード trait と識別子だけというものです。

trait HairColor

トレイトはジェネリック型として、抽象メソッドとあわせて使うと特に便利です。

trait Iterator[A] {
  def hasNext: Boolean
  def next(): A
}

trait Iterator[A] を継承することは A 型と、hasNextnext メソッドの実装を必要とします。

トレイトの使い方

トレイトを継承するには extends キーワードを使います。その際に、 override キーワードを利用しすべての抽象メンバーを実装します。

trait Iterator[A] {
  def hasNext: Boolean
  def next(): A
}

class IntIterator(to: Int) extends Iterator[Int] {
  private var current = 0
  override def hasNext: Boolean = current < to
  override def next(): Int =  {
    if (hasNext) {
      val t = current
      current += 1
      t
    } else 0
  }
}


val iterator = new IntIterator(10)
iterator.next()  // returns 0
iterator.next()  // returns 1

ここでの IntIterator クラスは上限として引数 to を取ります。 extends Iterator[Int]next メソッドは Int を返さなければならないことを意味します。

サブタイピング

あるトレイトが必要とされている場所に、代りにそのトレイトのサブタイプを使うことができます。

import scala.collection.mutable.ArrayBuffer

trait Pet {
  val name: String
}

class Cat(val name: String) extends Pet
class Dog(val name: String) extends Pet

val dog = new Dog("Harry")
val cat = new Cat("Sally")

val animals = ArrayBuffer.empty[Pet]
animals.append(dog)
animals.append(cat)
animals.foreach(pet => println(pet.name))  // Prints Harry Sally

trait Pet が持つ抽象フィールド nameは、Cat と Dog のコンストラクタで実装されました。 最終行では、Pet トレイトの全てのサブタイプの中で実装される必要がある pet.name を呼んでいます。

Contributors to this page: