Tour of Scala

統合された型

Language

Scalaでは数値や関数を含め、全ての値は型を持ちます。 以下の図は型階層の一部を説明しています。

Scala Type Hierarchy

Scalaの型階層

Any は全ての型のスーパータイプであり、トップ型とも呼ばれます。 Anyは equalshashCode、そして toStringのようないくつかの普遍的なメソッドを定義しています。 そしてAnyValAnyRef という2つの直系のサブクラスを持ちます。

AnyVal は値型に相当します。 事前に定義された9つの値型が存在し、それらDoubleFloatLongIntShortByteCharUnitBooleanは null非許容です。 Unitは意味のある情報をもたない値型です。Unit型のインスタンスはただ1つだけあり、()というリテラルで宣言することができます。 全ての関数は必ず何かを返さなければなりません。そのためUnitは戻り値の型として時々役立ちます。

AnyRef は参照型を意味します。全ての値型でない型は参照型として定義されます。Scalaでは全てのユーザー定義型はAnyRefのサブタイプになります。 もしScalaがJava実行環境上で利用されるなら、AnyRefjava.lang.Object に相当します。

以下にstring、integer、character、boolean、関数が他のオブジェクトと同様に全てオブジェクトであるという例を示します。

val list: List[Any] = List(
  "a string",
  732,  // integer
  'c',  // character
  true, // boolean value
  () => "文字列を返す無名関数"
)

list.foreach(element => println(element))

これはList[Any]型のlistという値を定義します。 このlistは様々な型の要素で初期化されています。しかしそれぞれの要素は scala.Any のインスタンスなのでlistに追加することができています。

こちらは先程のプログラムの出力です。

a string
732
c
true
<function>

型キャスト

値型は以下の順序でキャストできます。

Scalaの型階層

例えば、

val x: Long = 987654321
val y: Float = x  // 9.8765434E8 (この場合精度が落ちることに注意してください)

val face: Char = '☺'
val number: Int = face  // 9786

型変換は一方向です。これはコンパイルができないでしょう。

val x: Long = 987654321
val y: Float = x  // 9.8765434E8
val z: Long = y  // 一致しない

参照型をサブタイプにキャストすることもできます。こちらはツアーの中で後ほど紹介します。

Nothing と Null

Nothingは全ての型のサブタイプであり、ボトム型とも呼ばれます。Nothing型を持つ値は存在しません。 一般的に例外のスロー、プログラム終了、無限ループなど終了していないことを示すのに使われます。 (すなわち、値として評価されない式や正常に返らないメソッドなどです。)

Null は全ての参照型のサブタイプ(すなわち、全てのAnyRefのサブタイプ)です。nullというキーワードリテラルが指す値を1つだけもちます。 Null は、ほぼ他のJVM言語との相互運用性のためだけに提供されているので、Scalaのコード内ではほとんどの場合、使われるべきではありません。 nullの代替手段については、後のツアーで説明します。

Contributors to this page: