Tour of Scala

基本

Language

このページでは、Scalaの基本を取り扱います。

Scalaをブラウザで試してみる

ScalaFiddleを利用することでブラウザ上でScalaを実行することができます。

  1. https://scalafiddle.ioを開きます。
  2. 左側のパネルにprintln("Hello, world!")を貼り付けます。
  3. “Run”ボタンを押すと、右側のパネルに出力が表示されます。

このサイトを使えば、簡単にセットアップせずScalaのコードの一部を試すことができます。

このドキュメントの多くのコードの例はScalaFiddleで開発されています。 そのため、サンプルコード内のRunボタンをクリックするだけで、そのまま簡単にコードを試すことができます。

式は計算可能な文です。

1 + 1

printlnを使うことで、式の結果を出力できます。

println(1) // 1
println(1 + 1) // 2
println("Hello!") // Hello!
println("Hello," + " world!") // Hello, world!

valキーワードを利用することで、式の結果に名前を付けることができます。

val x = 1 + 1
println(x) // 2

ここでいうところの x のように、名前をつけられた結果は 値 と呼ばれます。 値を参照した場合、その値は再計算されません。

値は再代入することができません。

x = 3 // この記述はコンパイルされません。

値の型は推測可能ですが、このように型を明示的に宣言することもできます。

val x: Int = 1 + 1

型定義ではInt は識別子xの後にくることに注意してください。そして:も必要となります。

変数

再代入ができることを除けば、変数は値と似ています。 varキーワードを使うことで、変数は定義できます。

var x = 1 + 1
x = 3 // "x"は"var"キーワードで宣言されているので、これはコンパイルされます。
println(x * x) // 9

値と同様に、型を宣言したければ、明示的に型を宣言することができます。

var x: Int = 1 + 1

ブロック

{}で囲むことで式をまとめることができます。これをブロックと呼びます。

ブロックの最後の式の結果はブロック全体の結果にもなります。

println({
  val x = 1 + 1
  x + 1
}) // 3

関数

関数はパラメーターを受け取る式です。 ここでは与えられた数値に1を足す無名関数(すなわち名前が無い関数)を宣言しています。

(x: Int) => x + 1

=> の左側はパラメーターのリストです。右側はパラメーターを含む式です。

関数には名前をつけることもできます。

val addOne = (x: Int) => x + 1
println(addOne(1)) // 2

関数は複数のパラメーターをとることもできます。

val add = (x: Int, y: Int) => x + y
println(add(1, 2)) // 3

またパラメーターを取らないこともありえます。

val getTheAnswer = () => 42
println(getTheAnswer()) // 42

メソッド

メソッドは関数と見た目、振る舞いがとても似ていますが、それらには違いがいくつかあります。

メソッドは def キーワードで定義されます。 def の後ろには名前、パラメーターリスト、戻り値の型、処理の内容が続きます。

def add(x: Int, y: Int): Int = x + y
println(add(1, 2)) // 3

戻り値の型は引数リストとコロンの「後ろ」に宣言することに注意してください。: Int

メソッドは複数のパラメーターリストを受け取ることができます。

def addThenMultiply(x: Int, y: Int)(multiplier: Int): Int = (x + y) * multiplier
println(addThenMultiply(1, 2)(3)) // 9

また、パラメーターリストを一切受け取らないこともあります。

def name: String = System.getProperty("user.name")
println("Hello, " + name + "!")

メソッドと関数には他にも違いがありますが、今のところは同じようなものと考えて大丈夫です。

メソッドは複数行の式も持つことができます。

def getSquareString(input: Double): String = {
  val square = input * input
  square.toString
}

メソッド本体にある最後の式はメソッドの戻り値になります。(Scalaにはreturnキーワードはありますが、めったに使われません。)

クラス

class キーワードとその後ろに名前、コンストラクタパラメーターを続けることで、クラスを定義することができます。

class Greeter(prefix: String, suffix: String) {
  def greet(name: String): Unit =
    println(prefix + name + suffix)
}

greet メソッドの戻り値の型はUnitです。Unitは戻り値として意味がないことを示します。 それはJavaやC言語のvoidと似たような使われ方をします。(voidとの違いは、全てのScalaの式は値を持つ必要があるため、 実はUnit型のシングルトンで()と書かれる値があります。その値には情報はありません。)

new キーワードを使うことで、クラスのインスタンスを生成することができます。

val greeter = new Greeter("Hello, ", "!")
greeter.greet("Scala developer") // Hello, Scala developer!

クラスについては後で詳しく取り扱います。

ケースクラス

Scalaには”ケース”クラスという特別な種類のクラスがあります。デフォルトでケースクラスは不変であり、値で比較されます。 case class キーワードを利用して、ケースクラスを定義できます。

case class Point(x: Int, y: Int)

ケースクラスは、new キーワードなしでインスタンス化できます。

val point = Point(1, 2)
val anotherPoint = Point(1, 2)
val yetAnotherPoint = Point(2, 2)

ケースクラスは値で比較されます。

if (point == anotherPoint) {
  println(point + " と " + anotherPoint + " は同じです。")
} else {
  println(point + " と " + anotherPoint + " は異なります。")
} // Point(1,2) と Point(1,2) は同じです。

if (point == yetAnotherPoint) {
  println(point + " と " + yetAnotherPoint + " は同じです。")
} else {
  println(point + " と " + yetAnotherPoint + " は異なります。")
} // Point(1,2) と Point(2,2) は異なります。

ケースクラスについて紹介すべきことはたくさんあり、あなたはケースクラスが大好きになると確信しています! それらについては後で詳しく取り扱います。

オブジェクト

オブジェクトはそれ自体が定義である単一のインスタンスです。そのクラスのシングルトンと考えることもできます。

objectキーワードを利用してオブジェクトを定義することができます。

object IdFactory {
  private var counter = 0
  def create(): Int = {
    counter += 1
    counter
  }
}

名前を参照してオブジェクトにアクセスすることができます。

val newId: Int = IdFactory.create()
println(newId) // 1
val newerId: Int = IdFactory.create()
println(newerId) // 2

オブジェクトについては 後で詳しく取り扱います。

トレイト

トレイトはいくつかのフィールドとメソッドを含む型です。複数のトレイトを結合することもできます。

traitキーワードでトレイトを定義することができます。

trait Greeter {
  def greet(name: String): Unit
}

トレイトはデフォルトの実装を持つこともできます。

trait Greeter {
  def greet(name: String): Unit =
    println("Hello, " + name + "!")
}

extendsキーワードでトレイトを継承することも、override キーワードで実装をオーバーライドすることもできます。

class DefaultGreeter extends Greeter

class CustomizableGreeter(prefix: String, postfix: String) extends Greeter {
  override def greet(name: String): Unit = {
    println(prefix + name + postfix)
  }
}

val greeter = new DefaultGreeter()
greeter.greet("Scala developer") // Hello, Scala developer!

val customGreeter = new CustomizableGreeter("How are you, ", "?")
customGreeter.greet("Scala developer") // How are you, Scala developer?

ここでは、DefaultGreeterは一つのトレイトだけを継承していますが、複数のトレイトを継承することもできます。

トレイトについては 後で詳しく取り扱います。

メインメソッド

メインメソッドはプログラムの始点になります。Javaバーチャルマシーンはmainと名付けられたメインメソッドが必要で、 それは文字列の配列を一つ引数として受け取ります。

オブジェクトを使い、以下のようにメインメソッドを定義することができます。

object Main {
  def main(args: Array[String]): Unit =
    println("Hello, Scala developer!")
}

Contributors to this page: