Tour of Scala

演算子

Language

Scalaでは演算子はメソッドです。パラメータを1つだけ持つメソッドであれば中置演算子として使えます。例えば、+はドット記法で呼び出せます。

10.+(1)

しかしながら、中置演算子の方が読みやすいです。

10 + 1

演算子の定義方法と使い方

有効な識別子であれば演算子として使用できます。これは addのような名前も+のような記号も含みます。

case class Vec(x: Double, y: Double) {
  def +(that: Vec) = Vec(this.x + that.x, this.y + that.y)
}

val vector1 = Vec(1.0, 1.0)
val vector2 = Vec(2.0, 2.0)

val vector3 = vector1 + vector2
vector3.x  // 3.0
vector3.y  // 3.0

クラスVecはメソッド+を持ち、 vector1vector2を足しわせるのに使います。丸括弧を用いて、複雑な式を読みやすい構文で作ることができます。 こちらはクラスMyBoolの定義です。クラスMyBoolはメソッドandorを含みます。

case class MyBool(x: Boolean) {
  def and(that: MyBool): MyBool = if (x) that else this
  def or(that: MyBool): MyBool = if (x) this else that
  def negate: MyBool = MyBool(!x)
}

この時、andorを中置演算子として使えます。

def not(x: MyBool) = x.negate
def xor(x: MyBool, y: MyBool) = (x or y) and not(x and y)

これによりxorの定義がより読みやすくなります。

優先順位

式が複数の演算子を使う時、それらの演算子は最初の文字の(以下に挙げる)優先度に基づき評価されます。

(以下に表示されていない記号)
* / %
+ -
:
= !
< >
&
^
|
(全ての文字)

これはあなたが定義した関数にも適用できます。 たとえば、以下の式

a + b ^? c ?^ d less a ==> b | c

は以下と同じ意味です。

((a + b) ^? (c ?^ d)) less ((a ==> b) | c)

?^は最も高い優先順位を持ちます。?^?から始まるからです。+は二番目に高い優先順位を持ち、その後に==>^?|、 そしてlessが続きます。

Contributors to this page: